HOMEISFA 出版局String Figure Magazine [ あやとりマガジン ]  
 


季刊誌 『 String Figure Magazine 』 (ISSN 1087-1527)

編集: Mark A. Sherman, Pasadena, California, and Joseph D'Antoni, Queens, New York.

この季刊誌は、あやとりの本を最初に著した C.F.ジェ−ン - Caroline Furness Jayne (1873-1909)に捧げられています。 その著書−"String Figures and How to Make Them"(≫Amazon.co.jp で購入できます≪)−は、取り方の図が豊富に描かれていることもあって、1906年の発行以来、最良の案内書として、魅力あふれるあやとりの世界へ多くの読者を誘ってきました。 

『 SFM 』は、C.F.ジェ−ンの古典と同様に、初心者を対象としています。 簡単なものから難しいものまで 毎号 5〜6種類のあやとりが解説とともに収録されています。 

日本のあやとりの本と同じように、各ステップごとに 丁寧なイラスト説明が付いています。 これに従えば、途中の取り方が難しいあやとりでも、必ず作り上げることができます ⇒ みほん

あやとりの取り方のスタンダードな記述法はなく、研究者個々によって異なっています。 そのため、イラストなしの説明文だけの場合、指示に明確さを欠き、あやとりのエキスパートであっても、最後まで作り上げることができないあやとりがあります。 そのようなあやとりも採り上げて、誰でも取れるように工夫していますので、初心者だけでなく‘達人’である方にも、充分楽しんでいただけます。 また、英語圏以外の文献のあやとりや、読者諸氏による創作あやとりも紹介しています。

ISFA会員でない方は、実費で購入することができます。
詳しくは
こちら へお問い合わせ下さい。


各号に収録されている「あやとり」 <表題 > の英文解説と完成図は下記のページにあります。

Table of Contents - Volume 1, number 1 (March 1996)
 <水飲み場・木に登るヘビ・くしゃみ・鳥の巣・家・“X”>
Table of Contents - Volume 1, number 2 (June 1996)
 <チェコスロバキア国旗・木のうろ・二人の女性の精霊・カワセミの群・2羽の雷鳥・橋> 
Table of Contents - Volume 1, number 3 (September 1996)
 <鼻めがね・タロイモと小舟・赤ん坊占い・丸太で繋がれた2つの島・アンドロメダ銀河・キツネとクジラ>
Table of Contents - Volume 1, number 4 (December 1996)
 <月食・ミシン(=はたおり)・手押し車・火山の噴火・キャベツを料理する2人の女性・耳の大きな犬>
Table of Contents - Volume 2, number 1 (March 1997)
 <鼻ぬけトリック・おさげの女の子・イソシギ・ヒキガエルと男・白鳥・太陽>
Table of Contents - Volume 2, number 2 (June 1997)
 <ゴキブリ捕り・ハンモック・太陽〜日没・2つの目・ダンスハウスのイヌイット・エジプトのトリック3種>
Table of Contents - Volume 2, number 3 (September 1997)
 <亀・アタヌア[マルケサス神話の最初の女性]の家・リフ島のトリック・カヤックを漕ぐ人〜山並み・赤ん坊が生まれる・クモの巣>
Table of Contents - Volume 2, number 4 (December 1997)
 <水たまり・夜・きらきら星・七つのダイヤ・ホッキョクグマ・マウイ[マオリ神話の半神半人の英雄]のへそ>
Table of Contents - Volume 3, number 1 (March 1998)
 <ハマトビムシ・橋・オオコウモリ・マレー諸島の漁師・アザラシ・パラオア[クジラの歯のペンダント]>
Table of Contents - Volume 3, number 2 (June 1998)
 <海賊の財宝・銃・猫背の人・ビリヤード台・はげ頭・釣り舟>
Table of Contents - Volume 3, number 3 (September 1998)
 <ロックされた輪・大きなアパッチの扉・魚網・指ぬきトリック・バナナの皮むき・鍋>
Table of Contents - Volume 3, number 4 (December 1998)
 <メガホン・火起こし・土地の境界・悪魔の角・空飛ぶ円盤・山間の月>
Table of Contents - Volume 4, number 1 (March 1999)
 <映画のスクリーン・煙と炎・ルーマニアの指ぬきトリック・ワシの巣・屋根の上のネズミ・魚網を破るホッキョクグマ>
Table of Contents - Volume 4, number 2 (June 1999)
 <2つのブーメラン・クマとねぐら・2つの池のある丘・ジャガーの口・五角星U>
Table of Contents - Volume 4, number 3 (September 1999)
 <ひょうたん・キーウィー・指ぬきトリック・ホエザルの顎(あご)・ベッド・船体>
Table of Contents - Volume 4, number 4 (December 1999)
 <ジッパー・マンモス・三日月・帆走するカヌー・ヨツメウオ・軛(くびき)に繋(つな)がれた牛>
Table of Contents - Volume 5, number 1 (March 2000)
 <お守り・ワライカワセミ・イノシシが噛む・連星・セントローレンス島の結び目トリック・人食い鬼>
Table of Contents - Volume 5, number 2 (June 2000)
 <孔雀の脚・ハエ・魚・タンポポ(=菊)・目と口・おさげの少女>
Table of Contents - Volume 5, number 3 (September 2000)
 <バリカン・ヒナのかご・はなたれ・一つの根から2本の木・一人あやとり・火をつける>
Table of Contents - Volume 5, number 4 (December 2000)
 <聴診器・仮面・フフを搗く杵・ネズミの顔・二つの矢尻・カヌーの櫂>
Table of Contents - Volume 6, number 1 (March 2001)
 <蝶・見てね・ビルマの指ぬきトリック・鳩のとまり木・スカンク・キス>
Table of Contents - Volume 6, number 2 (June 2001)
 <Plinthios Brokhos(結び目の名前)・2匹の金魚・朝の日差し・黄道・さまようループ・東京タワー>
Table of Contents - Volume 6, number 3 (September 2001)
 
<日の出・修道女・アルプスの牛・象の足跡・ミンク・ナバホの太鼓>
Table of Contents - Volume 6, number 4 (December 2001)
 
<ハエとハエとり紙・女を追いかける男・プレアデス星団・小型削岩機・ラップランドのトリック・薪を割る>
Table of Contents - Volume 7, number 1 (March 2002)
 <足跡・ココダ(パプア・ニューギニア)の家・チャマ(ペルー)の家・呼吸・槍・男と井戸>
Table of Contents - Volume 7, number 2 (June 2002)
 <菜園の野菜・ズボン・ハンモック・長老の椅子・蝶・ジェット機>
Table of Contents - Volume 7, number 3 (September 2002)
 <鐘が鳴る・ミウォクのトリック・サワラを獲る・立ちあがる尺取虫・カマキリ・走るカリブー>
Table of Contents - Volume 7, number 4 (December 2002)
 <丸太の上のネズミ・ジャングルの木・星々・ぶら下がるコウモリ・カメ・回転木馬>
Table of Contents - Volume 8, number 1 (March 2003)
 <‘すっきり’ダイヤ・‘枠付き’二重ダイヤ・‘縦並び’二重ダイヤ・‘横並び’二重ダイヤ・‘しゃれた’ダイヤ・‘踊る’二重ダイヤ>
Table of Contents - Volume 8, number 2 (June 2003)
 <オオコウモリ・ナツメの実・フィンガートラップ[中国の玩具]・螺旋(らせん)・ロープの吊り橋・ヘビ>
Table of Contents - Volume 8, number 3 (September 2003)
 <赤ん坊を (ゆりかごで) あやす>
Table of Contents - Volume 8, number 4 (December 2003)
 <排便する・キツツキ・ゾウ・死んだゾウ・跳ねる魚・陸に上がる魚>
Table of Contents - Volume 9, number 1 (March 2004)
 <ナウルあやとりの技法 その応用 - 1:終わり方 3種・マット(Jayne の本 fig.836)>
Table of Contents - Volume 9, number 2 (June 2004)
 <メクラヘビ・メクラヘビの波のような動き・メクラヘビの眼・イニシエーション小屋 の足場・オール>
Table of Contents - Volume 9, number 3 (September 2004)
 <ナウルあやとりの技法 その応用 - 2 : テリハボクの花・キジカッコウ・4つの二重ダイヤ・五つの二重ダイヤ・創作(D’Antoni 122 and 126)>>
Table of Contents - Volume 9, number 4 (December 2004)
 <ハト・へそ・首飾り・死んだ男・三つのココナツ ・井戸への道 >
Table of Contents - Volume 10, number 1 (March 2005)
 <ナウルあやとりの技法 その応用 - 3 : チナミット [ ナウルの伝説上の人物 (可愛い少女)] ・エガラウィナゴ [ 同 (高貴の女性)] ・エディオウィナゴ [ 同 (月へ帰る娘)] ・サバヒー(魚の名前) >
Table of Contents - Volume 10, number 2 (June 2005)
 <ナウルあやとりの技法 その応用 - 4 : エガッタンマ [ ナウルの伝説上の人物 (エディオウィナゴの姉妹)] >
Table of Contents - Volume 10, number 3 (September 2005)
 <イヌイットあやとりの技法 その応用 : 子鹿 ・一匹の子鹿 ・一匹の小犬・二匹の小犬 ・一匹の犬・二匹の犬 >
Table of Contents - Volume 10, number 4 (December 2005)
 <指ぬきトリック 4種 : 極北圏、日本など世界各地、ネイティブアメリカン・チッペワ、創 作 >

印刷版は 10巻40冊で終了。 2006年からは オンライン版へ移行しました。

TOP

Last updated  03/21/2007