HOME「極北圏のあやとり」プロジェクト
 
「極北圏のあやとり」プロジェクトについて

執筆者(イラストも): Mark A. Sherman, Pasadena, California; Richard Darsie Davis, California; Ronald C. Read, Oakville, Ontario, Canada; Joseph D'Antoni, Queens, New York, and Will Wirt, Port Angeles, Washington.

プロジェクト監修: Will Wirt, Port Angeles, Washington.

フィールド・コーディネーター: David Titus, Lawton, Oklahoma.

カナダの極北地方やアラスカ、シベリアの人々は、数多くの素晴らしいあやとりを伝えてきました。 19世紀末からの文化人類学者らの調査によって、この地域のあやとりの取り方は 文章記述の形式で記録されています。 しかし、その説明文だけで作るのは相当の忍耐力が必要であり、かなりの熟練者でも作れないものが少なくありません。 作られていくパターンは非対称形であることが多く、左右の手は、異なるとり方をしなければなりません。 また、あやとりを作っている途中の手の位置が様々に変わります−たとえば、指は手のひらの方へ曲げ、腕は外へ向けるというような。 この結果、糸の位置関係、すなわち近い糸、遠い糸、上の糸、下の糸といった用語での説明が使えません。 「パターンの中央あるいは側面から糸を取り戻す」のような、イラストなしではわかりにくい取り方もたくさんあります。 そのため、初心者には、その見事なあやとりのほとんどが 手におえないものとなっています。

そこで、ISFAは、"極北圏あやとりプロジェクト"を提唱しています。 "極北圏"という言葉を選んだのは、 "イヌイット"がカナダの極北地方に住む人々だけを指し、他の地方ーアラスカやシベリアの先住諸民族を意味する語ではないからです。 この計画の当面の目標は、Gordon (1906), Jenness (1924), Victor (1940), Paterson (1949), and Mary-Rousselière (1969) による調査報告のすべての記述について、あいまいな一節を明確にし、必要な中間段階のイラストを補い、(英語で)書き直すことです。 また、両手で広げられた出来あがりの形のイラストは Victor の文献にしか見られません。

現在、Jenness のコレクション(アラスカ, シベリア, カナダ西部) -全175種類の「あやとり」をオン・ラインで公開しています(ステップごとの写真画像+英文の取り方説明) ⇒ 極北圏のあやとり Part 2 (★)。 短め、太めの糸を用いてパターンを作っているのは、小さな写真でも取り方がわかりやすいようにするためです。 普通の長さ(手の甲に8回巻きつける長さ)よりやや長め、3mm程度の太さの糸で作ると、原著のイラストのように仕上がります。 現地の人々は、カリブーやアザラシなどの動物の腱をなめした紐を用いていたそうです。

  • Part 1: Gordon のコレクション(アラスカ) ⇒ 改訂版を1996年の会報に掲載。 このコレクションは、Caroline Furness Jayne の著書 "String Figures and How to Make Them" (359-365頁) に‘出来上がりの形’だけが掲載されていたものです。 また、南西アラスカの Kuskokwim 河の河口地方で収集されたあやとりは、1999年の会誌に追加掲載されました。
  • Part 2: Jenness のコレクション(アラスカ, シベリア, カナダ西部) ⇒ すべてのあやとりをオン・ライン公開中 (★)。 
  • Part 3: Victor のコレクション(東グリーンランド地方)
  • Part 4: Paterson のコレクション(カナダ東部および西グリーンランド地方)
  • Part 5: Mary-Rousseliere のコレクション(カナダ中央部)

Literature Cited

  • Gordon (1906) "Notes on the Western Eskimos." Transactions of the Free Museum of Science and Art, Dept. of Archaeology, Univ. of Pennsylvania 2(1):87-97.
  • Jayne, C.F. (1906) String Figures. New York, Charles Scribners's Sons. (reprinted 1962 by Dover, New York, as String Figures and How to Make Them).
  • Jenness, D. (1924) "Eskimo String Figures." Report of the Canadian Arctic Expedition, 1913-1918, volume 13, part B:1-192.
  • Mary-Rousselière, G. (1969) "Les Jeux de Ficelle des Arviligjuarmiut." Musées Nationaux du Canada, Bulletin 233:1-182.
  • Paterson, T.T. (1949) "Eskimo String Figures and their Origin." Acta Arctica 3:1-98.
  • Victor, P.E. (1940) "Jeux d'Enfants et d'Adultes chez les Eskimo d'Angmagssalik: Les Jeux de Ficelle." Meddelelser om Grønland 125(7):1-212.

TOP 

Last updated  08/03/2005