HOMEデータベース INDEX > 世界のあやとり
 「あやとり」 その起源から現状まで
 ★ 表題が青色文字の本・CDは、《amazon.co.jp》 に レビュー情報があります (タイトルをクリック)。
  • 世界あやとり紀行−精霊の遊戯− (2006) INAX出版

     編 集: 建築・都市ワークショップ + 石黒 知子;  AD: 祖父江 慎、
     執
    筆: 野口 廣、M.Sherman ほか; 写 真: 田淵 曉、飯田 裕子、W.Wirt、P.Noble、野口 廣; イラスト: 七字 由布 

     〜 これまでほとんど知られていなかった世界のあやとりの真の姿を、現地であやとりする人々や伝承あやとりパターンの美しい写真に解説とイラストを添えて紹介。 また、ISFA国際あやとり協会の創立者 野口廣と 現会長 M.シャーマンが、協会設立から現在に至るまでの経緯、活動内容について語っています。 日本伝承あやとり 「お守り」、ネイティブ・アメリカンの占いあやとり 「赤ん坊占い」 の取り方を本邦初公開(あやとりの取り方は4種のみ掲載)。 これまでに類書のないユニークな内容のこの本は 9月に第2版が刊行されました。  (Ys 10/01/2007)

    --- m(_ _)m 正誤表 (第1版) m(_ _)m -------------------------

    p.31 民族誌学者(誤) → 民族学者
    p.39 
    アザラシ革のバッグ(誤) → 二つの腎臓 
    p.39 
    ユピック(誤) → ユッピク
    p.39 ニコライさんの記事の出典番号: 
    (誤) → 22
    p.50 ガイアナ6行目: 
    ワピシュナ(誤) → ワピシャナ
    p.54 あやとりは南に隣接するムボムの人びとが大昔からやっていた
    、アカンダゴと呼ばれる遊びだそうです。(誤) → [、アカンダゴと呼ばれる] を削除 (「アカンダゴ」はザンデ(=アザンデ)社会での呼び名です)
    p.56 写真のあやとりの名称: 
    「ほうき」(誤) → 「手」 (日本の「ほうき」と同じあやとり)
    p.63 「キツネとクジラ」: 浜に打ち上げられたクジラを
      キツネが、(誤) → 浜に打ち上げられたクジラを狙うキツネが、
    p.71 参考文献10 
    the Adnyamata (誤)→ the Adnyamatana
    ---------------------------------------------------------

  • 日経マガジン編集部 (2007) 「神秘の紐 あやとりがつなぐ世界」 - 『 THE NIKKEI MAGAZINE #40』 日本経済新聞第2部 9/16:表紙、pp.11-15   トピックス 152


  • 「あやとりの静と動」 野口 廣、シシドユキオ(2008) 『日本文化のかたち百科』 丸善 

    〜 日本伝承あやとりの特色を 海外あやとりとの比較を交えて述べています。 興味のある方は図書館でご覧下さい。 ご購入をお考えの皆さまは
    こちらへ。   (Ys 01/06/2009)


  • 「<あやとり>が結ぶ人の和 」 野口 廣 (2011) 『早稲田学報』1189号(2011年10月号)

    〜 <特集:なつかしい日本の遊戯>では、カルタ・めんこ・折り紙などともに「あやとり」も取り上げられています。 「早稲田学報」は早稲田校友会会員以外の方でも購入できます こちら  (Ys 10/04/2011)


  • ジョナサン・キングドン  『 自分をつくりだした生物 - ヒトの進化と生態系 』 管 啓次郎 訳、青土社 1995   
    (原 著: Kingdon, Jonathan (1993) "SELF-MADE MAN AND HIS UNDOING.")   トピックス 131

  • アントニー・アルパーズ 編著  『ニュージーランド神話 マオリの伝承世界』 井上英明 訳、青土社 1997  
    原 著: (retold by) Alpers. A (1964) "MAORI MYTHS & TRIBAL LEGENDS"  トピックス 036 122

     〜 「Maui マウイ」の神話・伝説や、幻の故郷「ハワイキ」からのカヌー移住伝説を収録。 マウイは半人半神の<文化をもたらしたヒーロー/トリックスター>、「FAI : あやとり」の発明者でもある (p.81)。 この青土社本は、1982年に刊行されたサイマル出版社『マオリ神話 南太平洋の神々と英雄たち』の改訂版。 サイマル版に未掲載の「綾取りをするマオリ古老」の写真も掲載されている (p.83)。 (Ys)  

  • 野口 広 編著 (1980) 『 図形工房 』(遊びの百科全書−4)、日本ブリタニカ 
    執筆者:野口 広(総説、あやとり)、高木茂男・中村義作(パズル)、椚 国男(古墳)、矢島文夫(アラベスク)、笠原邦彦(折り紙)、戸村 浩(ムーブ・フォルム)。 パズル・遊びや古代建造物などを通して、「図形」の魅力に迫る。 自然の造形物から安野光雅の作品まで、カラー図版も豊富。

    「...遊びは、気のおもむくままに、しかも比較的容易に目的が達成でき、かつ庶民的でもあるという性質により、科学や芸術に比してステイタスは高くない。 あやとりもその例にもれず、特に日本では女子供の遊びとなっていた。 しかし、そうした地域はむしろ例外的で、大部分の地域では、あやとりは成年男子の遊びであり、とくに昔はあやとりは儀式や呪術と結びついて、今日の科学や芸術と同等以上のステイタスをもっていたと思える。 つまり昔のこうした地域の人々にとって、あやとりはちょうど我々の科学・芸術と同じ文化−精神活動の成果−とみなせるものであったようだ。...」(野口 広 「遊びのなかの幾何学」 pp.40-41)

     〜 他にも、トポロジーから見た「あやとり」への言及や、世界のあやとりの紹介がある: pp.40-42, 43-46, 116-117, 147-149。 芸術、科学、遊びの視点から「美の幾何学」を論じた書は、古今東西 数多(あまた)あるが、その素材として「あやとり」が仲間入りしたのは この書が初めてと思われる。 (Ys)

  • 河合 隼雄  (2002) 『ナバホへの旅 たましいの風景』 朝日新聞社  トピックス 030  

     〜 ナバホの人々は‘自然、そして季節の移り変わり’を大切にしています。 「特に世界のはじまりの物語(創世神話)は、冬にしか語ってはならない。 子どもたちの「あやとり」遊びも冬のもので、春一番の雷が鳴ると、もうしてはいけない。 雷とともにすべてが目を覚ます季節がはじまるのだ。・・・・・」(p.78) (TS) 


  • 野口 広 編著 (1981) 『 図形あそびの世界 』 講談社 現代新書 624   

     〜 自然のかたち、結び目、折り紙、あやとりなどを通じて「図形の世界」へいざなう好著。 「あやとり」の章では、ニュージーランドの先住民、マオリの伝承あやとり 8種を興味深い解説を添えて紹介(取り方各ステップの写真付):キーウィ、ワヒネとタネ、タマのカヌー〜太平洋〜冥界、モウティ/モチ、女の口のいれずみ、霊のジャンプ、アラ・ピィキピィキ・ア・タファキ、絡む輪。 (Ys)


  • 小泉 文夫 (1968) 「エスキモーの歌」 - 『フィルハーモニー』 1968/4, 7, 8
    (所収:『エスキモーの歌−民族音楽紀行』 青土社 1978; 『民族音楽紀行―エスキモーの歌』 小泉文夫著作選集 3巻、学習研究社、2003)

     〜 現地の人が「山並み(五つの山)」を作っている写真 (p.51)。

  • 小泉 文夫 (1968) 「アメリカ・インディアンの歌」 - 『フィルハーモニー』 1968/10,11
    (所収:『エスキモーの歌−民族音楽紀行』 青土社 1978; 『民族音楽紀行―エスキモーの歌』 小泉文夫著作選集 3巻、学習研究社、2003:p.57-58)

  • 小泉 文夫 (1975) 「アジアのわらべうた」 - 『あんさんぶる』 1975/6
    (所収:『呼吸する民族音楽』 青土社 1983; 同題 小泉文夫著作選集 2巻、学習研究社、2003)

     〜 著者は 1957年から世界各地を訪れ「人類の音楽文化」を調査研究、多大な業績を残した音楽学者です。  その成果をメディアを通じて積極的に紹介、坂本龍一ら若いミュージシャンに大きな影響を与えただけでなく、広く一般にも 世界の‘民族音楽’の素晴らしさを伝えることに成功しました。

    上記文献には、極北圏やニュージーランド・マオリの「あやとり」についての短い記述が見られます。 しかし 筆者は、そのような直接の言及よりも、‘音楽以前の音楽’である「わらべうた、遊び唄」についての考察や、根元的な「人間の歌」を歌うセイロン島(スリランカ)のヴェッダについての文章(「人間の歌の根元にあるもの」:
    「空想音楽大学」小泉文夫著作選集 4巻)の方に 強く引かれています。 「あやとり」もまた「歌う」ことと同じように原初的な人間行為です。 それで、「人間にとって‘あやとり’とは何か?」を考える時、根元的な「歌」を追究する小泉氏の方法論や思索が 大きな示唆を与えてくれるように思えるのです。

    病魔に倒れることなく あの卓越した研究・啓蒙活動を続けておられれば、私たちは「あやとり」についても 氏から もっと多くのことを学ぶことができたでしょう。 56歳での急逝は 今でも惜しまれます。 (Ys 02/19/2006)   
    トピックス 138 

  • 谷本 一之 (1984) 「 エスキモー・アイヌ・日本−北方諸民族の音と文化
    の系譜 」−『 現代思想 』 1984-7(臨増号−“ニッポンの根っこ”) 青土
    社 :pp.248-255

     〜 1979年、アラスカ西方のセント・ローレンス島で撮影された写真を掲載。

  • 谷本 一之 (2005) 「北の遊び:あやとりとお手玉」 - 『 季刊誌 Arctic Circle 』 56号 北海道立北方民族博物館友の会

     〜 セント・ローレンス島(1979年)、カナダ・ホルマン島(1985年)での伝承あやとり見聞録が短いながらも面白い。 (Ys 01/07/2007)


  • ローラ・インガルス・ワイルダー (1988) 『 大草原の小さな家』 こだまともこ・渡辺 南都子 訳、 講談社文庫  :p.245
    Laura Ingalls Wilder (1990) "
    Little House on the Prairie" Kodansha English library、講談社インターナショナル:p.204 [原著の刊行は1935年]  トピックス 125 


  • イフェオマ・オニェフル (2007) 『 いっしょに あそぼう -アフリカの子どものあそび-』 さくまゆみこ 訳、川口澄子 画、 偕成社 [原著: Ifeoma Onyefulu (1999) "EBULE'S Favorite: A Book of African Games" ]
     
    〜 アフリカ(ナイジェリア・セネガル)の子どもたちの遊びや歌を 写真やイラストで紹介した楽しい絵本。 ナイジェリアの女の子があやとりをしている写真(カバーも)もあります。 19世紀末期以来、<外の世界>の人間が 世界各地のさまざまな文化社会を訪れ あやとりを集めてきました。 この絵本を見ていると、ようやく、その社会に属する人々が自らの手で 昔から受け継がれてきたあやとりを紹介する時代が到来したことを感じます。  (Ys 04/14/2007 改訂)


〔写 真〕

  • 「あやとりをする子供たち」 ブロニスワフ・ピウスツキ撮影、1900年代初頭、 ロシア民族学博物館 所蔵
     〜 サハリン(樺太)アイヌの女の子が「二人あやとり」をしています。 掲載ページは 千葉大学文学部・文学研究科 : [新着情報 一覧]−[写真展のご案内]−[添付ファイル]−[ユーラシア言語文化論講座のホームページ]−[写真展 『20世紀初頭のアイヌ世界』 右上の写真] 。 詳しい解説は、[資料説明] をご覧下さい。 なお、この写真は、NHK−ETV特集 「世界が見つめたアイヌ文化 (2)流刑囚の遺産」(1996/6/11 NHK札幌 制作)でも紹介されていました。 (Ys, 05/08/2005)

  • 飯田 裕子 (2004) 「綾取り − 島嶼遊覧(16) イースター島」(写真と文)、『すばる 2004−4』 集英社:カラーグラビア

     〜 ラパヌイ(イースター島)の伝承綾取りについての文と写真。  
    トピックス143


〔C D〕


〔ラジオ〕

  • C.W.ニコル 「昔話は 永遠に心に残る」 NHKラジオ第一  1999/5/5  トピックス 005


〔テレビ〕

  • 『 世界遺産 - ラバ・ヌイ国立公園 (チリ) 』  TBS系列 2005/10/09

  • 『 探検ロマン 世界遺産 』−「絶海の孤島 神秘のモアイ像〜チリ・イースター島」 NHK 2005/05/12 
     〜 島の祭り「タパティ」で 踊り手が「カイカイ あやとり」を見せながら、そのパターンにまつわる唄を歌っている様子が映っていました。
      トピックス 143

  • 『 世界ふしぎ発見!』−「極北カナダオーロラを求めて」 TBS系列  2001/1/13  トピックス 004


ビデオ オンライン〕

  • "String figures at Buku-larrnggay Mulka Center, Yirrkala, Nothern Territory"
    〜オーストラリア・ノーザンテリトリーの先住民女性の作るあやとり:「ウミガメ」、「オオトカゲ」、「オーストラリアツル」、「ナガクビガメ」; 2人の少女が作る「ウミガメ」。 アーネムランド・イルッカラ地方のあやとりについては トピックス174 をご覧下さい。  (Ys 08/27/2013)
  • "Pearls and Savages 1921" NFSA 2011
    〜オーストラリアの 《National Film & Sound Archive》 のサイトで公開されているこの映像クリップは、1921年に Frank Hurley が撮影した‘冒険映画’「Pearls and Savages 真珠と未開人」の一部です。 商業目的(映画館で一般公開)で制作された全編56分のこのサイレント映画は、1979年に民族学的記録としての価値がある資料として復元されました。 オーストラリア大陸とニューギニア島の間に点在するトレス海峡諸島の木曜島、マレ島、ココナツ島、ダーンレイ島、マビアグ島とパプアニューギニアの当時の自然と人々の生活風景を見ることができます。 なお、タイトルの「真珠」は当時有名だった木曜島の真珠貝採取のことです。 明治時代、日本人ダイバーがこの島へ出稼ぎに行っていたことは司馬遼太郎の『木曜島の夜会』で広く知られるようになりました。

    この映像クリップに、マレ島(Murray Island)の島民があやとりをしている場面があります。 裸足で暮らしていた人々は、この男性のようにあやとりを作るのに足指や膝を使うことは珍しいことではありませんでした。 (Ys 10/12/2011)

  • “Games and Activities : Traditional String Figure - Ukaliq” 2004
    カナダ自然博物館の 《Ukaliq - the Arctic Hare》 のサイトには、カナダ・ヌナヴト準州、ランキン入江地方のイヌイット長老が作る「ホッキョクウサギ(Ukaliq)」の動画があります。  (Ys 10/10/2011)

  • "Primitief Nieuw-Guinea" 1956  GESCHIEDENIS 24 05/28/2008
    〜 《GESCHIEDENIS 24》 のサイトに、たいへん興味深い<あやとり>の記録映像があります。 この映像(12分、カラー)には、1956年当時のオランダ領ニューギニア(ニューギニア島の西半分)の3つの地方の自然や生活風景が撮影されています。

    GESCHIEDENIS 24》 のページの右上にある「AUDIO VIDEO」の「Primitief Nieuw-Guinea Merkwaardige adat gebruiken 1956」をクリック。

    あやとりが見られるのはパート2(冒頭から 4’15〜08’33)、ニューギニア島の最西端バードヘッド半島の内陸部に暮らすマイブラト(Mejbrat / Maybrat / Ayamaru) の人々の生活風景の一場面。 マイブラトの若い男女がそれぞれ長い列に並び、互いに向かい合って<あやとりのやりとり>をしています(7’20 から約30秒間)。

    ネット上でこの映像を見つけたオランダのISFA会員によれば、そのナレーションでは「あやとりが始まる。 それは、しばしば結婚に結びつく仲介である。 少女と少年は互いにあやとりを受け渡す。 あやとり一つ一つには作り手のある思いが表現されていて、からかい・ねだりから真剣な気持ちまでさまざまな思いが込められている」といった意味のことが述べられています。 東南アジアの一部には、祭りの日などに若い男女が結婚したい相手と互いに歌を交わして気持ちを確かめ合う「歌垣(うたがき)」という古来の風習が今も残っていますが、この<あやとりのやりとり>にも何かそれを想起させるものが感じられます。

    マイブラトの人々は1950年代後半に急速に新しい文化(とくに衣服関係)を取り入れたので、この映像に見られる伝統的な風習としての<あやとりのやりとり>も、その後まもなく滅びたと思われます。 これはたいへん貴重な記録映像といえましょう。 なお、現在、ニューギニア島の西半分はインドネシアに属しています。  (Ys 10/10/2011)

  • "KALAPALO 24 - KETINHO MITSELU" PIB MIRIM  2010/10/28
     《Povos indigenas no Brasil (ブラジル先住民族の人々)》のサイトに、カラパロの男性があやとりをしている動画があります。 カラパロ(the Kalapalo)は、ブラジル中部マトグロッソ州シングー先住民居住地で暮らしている、人口わずか326人(1995年) の少数民族です (『世界民族事典』 弘文館 2000)。

    カラパロは、ブリチヤシの乾燥させた葉からあやとり紐を作ります。 あやとりは「Ketinho Mitselu」と呼ばれ、大人は難しい取り方の、子どもは易しいあやとりを楽しんでいます。 でき上がりの形は、動物や神話・伝説の登場人物、そして日々の生活の道具や行為などに見立てられています。

    動画の前半は、年配者が若い男女に、カモメや魚のあやとりがあることを話したり、互いに知らないあやとりを教え合うことを勧めたりしています。 後半が本題のあやとりパフォーマンスです: 二人の男性がそれぞれにある形を作った後、画面左側の男が見せているのが「カモメ(gaivota)」、鳴き声を真似ながら作っています。 次に右側の男が作ったのは「魚(peixe)」、続いて左男の作っているのは「アイスポットシクリッド(tucunare)」と呼ばれるカワスズメ科の魚。 第三の男が現れ何やら言った後に写っている形(日本では「カエル」などと呼ばれている形)は名称不明。 次に右男の作ったのは「?(mandi)」、最後に左男が「コウモリ(morcego)」を作り、パターンを縦にしてコウモリが木にぶら下がってるところを見せています。 (Ys 08/01/2011)

  • “Alaska Native String Stories” Ignite Anchorage 2010/03
     ISFA会員 デヴィッド・キタク・ニコライ(David “Kitaq”Nicolai)さんのあやとりパフォーマンスが、動画で公開されています。 2010年3月2日、アンカレッジのワイルド・ベリー・シアターで開かれたイベントからの映像の一部です。
    ニコライさんは、
    世界あやとり紀行−精霊の遊戯−や「神秘の紐 あやとりがつなぐ世界」( 『日経マガジン 40号』)でも紹介された、アラスカ先住民ユッピクの伝承あやとりの継承者。 アラスカでは、昔から伝承されてきた物語を伴うあやとりを作れる人は、もう4人しか残っていないそうです。    (Ys 04/09/2010)  

  • "Navajo String Games by Grandma Margaret" myspace.com  2008/11/28
     ネイティブ・アメリカンのナバホのおばあさんが孫を相手に伝承あやとりを見せています。 はじめに手振りを交えて語っているのは、「コヨーテが夜空に星を撒き散らした話(星や星座の起源神話の一節)」。 そして、「七つ星(プレアデス星団)」、「角のある星(星座名不明)」、「たくさんの星(宇宙)」、「走り去る二匹のコヨーテ」、「いなずま」、「矢じり」などを作っています。 (Ys 08/25/2009)

  • 日本伝承のあやとり唄 「おがどんな」 わらべうたblog こどものためのきろく 2006/07/07
     「のこぎり」とその遊び唄が再現されています。 十字形の四つの輪を引き合いながら歌うあやとりは各地に見られます。 とくに九州地方からはいろいろな唄が採集されていますが、この「おがどんな」は これまでの調査記録(さいとうたまコレクションなど)にはありません。 ISFAでは、このような伝承あやとり唄を探しています。 ご存知の方は、当サイトまでご連絡下さい。 (Ys 11/28/2008)

〔切 手〕 「あやとり」の切手 のページへ。

 TOP