☆☆名前なし


名前なし
カロリン諸島などのあやとりです。
W. H. Furness 氏が、Emilyという女性からカロリン諸島のナティク島で採集しましたが、あやとりに名前は付いていません。[8]
オーストラリアでは「2頭のカンガルー」として採集されています。[55]
ソロモン諸島では「おおこうもり」と言い、手前と向こうを逆に取ります。[78]
ツバルでは「2つの村」と言います。[118]
このあやとりは、魚がモチーフとされることがありますが、魚であるという明確な記述は見当たりません。
できあがりは「」「国境」「金魚」と同じですが取り方が異なります。[73] の「落とし穴」はこのあやとりで、「穴」ではありません。
  1. 人差指の構え。
  2. すべての指を人差指の輪の中に下から入れ、人差指の輪を手首に落とす。
  3. 人差指を上から小指の輪の中に入れ、小指手前の糸を手前に引いて人差指を親指の輪の中に上から入れ、親指向こうの糸を向こうへひねって取る。
  4. 親指の糸を外す。
  5. 人差指の糸を親指に移す。
  6. 手首の糸を外して、親指と小指にかける。
  7. 人差指を上から小指の輪の中に入れ、小指手前の糸を手前に引いて人差指を親指の輪の中に上から入れ、親指向こうの糸を向こうへひねって取る。
  8. 親指の糸をそっと外し、親指をその輪に上から入れ、親指で小指向こうの糸を輪の中から取る。
  9. 小指の糸を外し、左右に開く。

ツアモツ諸島では最後のところを次のように取ります。[79]

  1. 小指の糸を外す。
  2. 小指で親指手前の2本の糸を掌に押さえ、親指の糸を外す。
  3. 親指で掌の糸にかかる水平に走る糸を取り、小指の糸を外す。

ソロモン諸島、ツバルでは最後のところを次のように取ります。[78][118]

  1. 小指の糸を外す。
  2. 小指で掌の糸にかかる水平に走る糸を上から取り、親指の糸を外す。
No NameString Figures p.176[8]
Vahia (broken)String Figures from the Marquesas and Society Islands p.75[30]
Two KangaroosAboriginal Australian String Figures p.817[55]
Kani Mumun (Fight of the vanquished)String-Figures from the Gilbert Islands p.22[60]
落とし穴あやとり 続 — p.103[73]
Maliva (flying fox)Solomon Islands String Figures — p.37[78]
KahegahegaString Figures of the Tuamotus — p.120[79]
Kani MumunCat's Cradles and Other String Figures — p.186[82]
Fakakai (Two Villages)The String Figures of Tuvalu : 1931 — p.143[118]