☆☆☆白鳥


白鳥
イヌイットのあやとりです。
D. Jenness 氏がアラスカのバロー(Barrow)からカナダのコロネーション湾(Coronation Gulf)で採集しました。[26]
  1. 始めの構え。
  2. 右親指で小指向こうの糸を向こうから取る。
  3. 糸をたるませたまま、左親指で右小指向こうの糸を手前から取り、左右に引く。
  4. 小指で親指向こうの糸を取る。
  5. 小指向こうの水平にかかる糸を小指から外す。
  6. 小指腹で親指向こうの糸を押さえる。(小指の糸は外れる)
  7. 親指から中央に向かう輪の中に、上から人差指を入れ、人差指腹で親指手前の水平にかかる糸を引っかけて手前から向こうへひねって取る。
  8. 親指の糸を外す。
  9. 親指で中央の交差している2本の糸を取る。
  10. 親指で人差指手前の糸を取り、2本の糸をナバホ取りする。
  11. 人差指の糸を外す。
  12. 中央の交差の左右の輪の中に、上から人差指を入れ、人差指腹で親指手前の水平にかかる糸を引っかけて手前から向こうへひねって取る。
  13. 親指の糸を外す。
  14. 右親指で図形右中央の2本の糸を上から下へとひねって取る。
  15. 左親指を右親指の根元から輪の中に入れて左右に引く。
  16. 親指で人差指手前の糸を取り、2本の糸をナバホ取りする。
  17. 人差指の糸を外す。
  18. 右人差指で図形中央の4本の水平な糸のうち向こう側の2本を向こうから持ち上げる。
  19. 右中指を右人差指に添え、右親指の輪の中に根元付近で上から入れ、小指向こうの水平にかかる糸の中央付近をつまんで、持ち上げている2本の糸の向こうへ引き出す。
  20. 左小指の糸をそっと外し、下から右親指の輪の中に入れ、右中指の先からつまんでいる輪の中に入れて小指腹で取る。
  21. 右人差指と中指を放して、左右に引く。
The SwanEskimo String Figures p.159[26]
Nerdleq (goose)Material Culture of the Iglulik Eskimos — p.223[38]
qugjughuk (the swan)Intellectual Culture of the Iglulik Eskimos — p.272[39]
The SwanEskimo String Figures and Their Origin — p.32[58]
Kugjugjuk (Le cygne)Les Jeux de Ficelle des Arviligjuarmiut p.33[65]
さえずる白鳥あやとり(大陸) — p.68[83]
A SwanFascinating String Figures — p.44[98]
白鳥世界あやとり紀行 — p.38[104]
白鳥大人のあやとり — p.78[105]
白鳥~湖面あやとり — p.6[107]
A SwanString Figure Magazine Vol.2, Mar p.17[117]
qujjujuk (Swan)String Games of the Kangirsujuaq Inuit : 1966 — p.165[118]
nisk (Canadian Goose)Innu String Figures and Tricks : 1916-20 — p.91[118]
The SwanEskimo String Figures : 1924 — p.232[118]
白鳥国際あやとり協会 Web[123]